みつろうリップクリーム

自然を愛する二人の女性から生まれたリップクリーム。
器も中身も全てハンドメイドだから生まれる
柔らかな気配と、 シンプルなレシピが、
優しい使い心地の秘密です。


この蜜蝋(みつろう)のリップクリームは、 ネパールでパーマカルチャーを広めた、JUDI女史が自分の為に作りはじめたものでした。

自分達の清浄な農場の恵みを素材に、シンプルでありながらもっとも効果のある、そのレシピは彼女の弟子、クリシュナ・マヤさんに伝えられました。

今は、アスタムコット村にあるパーマカルチャー農場でできる原料で、彼女から作り方を学んだ農場のスタッフたちがハンドメイドしています。。 (左下写真:アスタムコット農場。背景に、ヒマラヤが見えています。)

せっかくの優しい中味ですから、器も柔らかな風合いのものにしようと、一本の木から、一つ一つ手作業で、ろくろを使って切り出して、作ってもらっています。

アンナプルナの麓、きれいな空気と光と土から生まれた素材だけで作り上げたリップクリームです。




■ 手 作 り の 味 わ い 深 い 木 製 の 容 器

ミルクチョコレートのような色合いで手のひらに納まる、持ち運びにも便利な大きさの、ころんとした円筒形の器です。 使うほどに風合いがでて、中身が無くなった後にも、ピアスなどの小物入れにぴったりのインテリア性を備えています。
一つ一つ、ネパール特産のシソーの木から、ろくろで切り出して作っているので、器ごとに微妙に木目や色合い、フォルムが異なり、違う個性が生まれます。それが使う人に、一層、器に愛着を湧かせるようです。


■ ナ チ ュ ラ ル な 素 材 た ち
ヒマラヤ山麓の森に暮らす、ハニーハンターたちが集めた野生の蜜蜂の巣から採れるビーワックス(蜜蝋)とひまわりからとれる食用サンフラワーオイル、そして、クスノキの精油(エッセンシャルオイル)、ヒマラヤの高山地帯に生えるシャクナゲの精油、この4種類の原料だけで作られています。シンプルではありますが、それぞれの働きでとてもリッチな使い心地に仕上がっているので。唇だけでなく、ネイルクリーム、ハンドクリーム、かかとやひじなど荒れやすい部分に使っても効果的です。程よい固さがあるので、ヘアワックスなどにも便利です。

Tips:
シンプルではありますが、それぞれの働きでとてもリッチな使い心地に仕上がっています。唇だけでなく、ネイルクリーム、ハンドクリーム、かかとやひじなど荒れやすい部分に使っても効果的です。
程よい固さがあるので、ヘアワックスなどにも便利です。



販売価格 10,800円(税800円)
SOLD OUT

おすすめ商品


麻麻ワンピース

10,584円(税784円)
SOLD OUT


麻麻ワンピース

10,584円(税784円)


シンプルパーカー

9,720円(税720円)


カディシルク

9,612円(税712円)


Top